有限会社スパイシーソフト

BBS7.COM
MENU RND NEXT
自動組版のスパイシーソフト
自動組版:XML | ACCDB | EXCEL | CSV:InDesign
what's new

G-Tune


 SpicyLibraCC 2019販売開始
2019年12月17日より受注開始。

最終更新日

2019年2月1日

>> お もな更新履歴
>> 過去の製品紹介記 事リスト

お問い合わせ
ご意見・ご要望はメールにてお知らせ下さい。

〒143-0011
東京都大田区大森本町1-8-12
大森海岸パークハウスS104
TEL 03-6450-0834
FAX 03-6450-0834
Mail info@spicyーinc.jp

スパイシーロゴ


.MicroSoftパートナーロゴ
弊社はMicroSoft Certified Partnerです。



InDesignCC2019対応 SpicyLibraCC2019 発売開始!!
SpicyLibraCS6機能踏襲
SpicyLibraCC2019 64ビット版

        SpicyLibraCS6の資産をそのままに!

最新情報

SpicyLibraCC 2019 ご発注ありがとうございます。
 InDesignCC2019対応(64ビット版)SpicyLibraCC2019の販売を昨年12月17日より開始いたしました。本ソフトは、これまでご利用していただいておりますSpicyLibraCSの後継機種となり、これまで蓄積した各種の資産を、InDesignCC2019(64ビット版)においても友好的に使用できるように64ビットアプリケーションとしてアップグレードした製品となります。
 InDesignドキュメントテンプレートファイルはInDesignCC2019形式に変換していただく必要がありますが、SpicyLibraCSで作成した定義ファイルは変更することなく使用していただくことが可能となっております。
 QRコード及びGS1バーコードに関しては設定値を若干修正していただく必要がございますが、ほとんど違いはございません。
 評価版をアップいたしておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。また、チュートリアルは付属しておりませんので、ご入用の方は、別途メールにてご依頼願います。
 評価版は、プレリリース版と異なり、機能は製品版と同じですが処理数などの制限があります。評価版はプレリリース版発表以降、EPUB、HTMLなどの出力オプションとユーティリティの一部の修正を追加実施いたしましたが、基本機能部分は同一です。
 プレリリース版につきましては、1月を過ぎましたので配布を中止いたしました。評価版をご利用ください。
 評価版につきましては、ダウンロード後zipファイルを解凍していただき、インストールプログラム[kick.exe]を起動の上、インストールダイアログにに従いインストールをしてください。評価版をインストールにあたり、プレリリース版がインストールされている場合には、プレリリース版をアンインストールした後に評価版をインストールしてください。プレリリース版と評価版の同時使用はできません。
 併せてご発注をしていただく場合には、評価版中にある「SpicyLibraCC発注書.pdf」をご利用いただくか、こちらから「SpicyLibraCC発注書.pdf}をダウンロードしてご利用ください。
 なお、製品価格につきましては、次の通りとなります。
@プログラムインストールディスクとライセンスドングル版が198,000円(消費税抜き)
Aライセンスドングルのみ版が193,000円(消費税抜き)
となっております。複数本併せてご購入のユーザー様で、プログラムディスクは1本でよいという場合には、1本をインストールディスク付き、他をライセンスドングルのみというご注文をしていただく事が可能となりますので、是非、ご利用ください。
 以上、ご利用のほど、よろしくお願いいたします。

2019年2月1日

水素社会、ロボット社会、近未来の企業形態は?


その他のダウンロードには、登録が必要となります。 その他の評価版、フリーウエアのダウンロードはこちらから  ⇒

ダウンロードなどがうまくいかない場合には、メールにてご連絡ください。
 
スパイシーソフト」、 「DegiCross」、「SpicyLibra」は、
有限会社スパイシーソフトの登録商標です。
QRコード」 は、
株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
その他の会社名、商品名,サービス名などは、
それぞれ各社の登録商標あるいは商標です。


スパイシーソフトは、自動組版を追求、すなはちドキュメント処理の自動化を提供いたしま す。Adobe InDesign(インデザイン)を組版エンジンとし、オンデマンド印刷・バリアブル印刷・バッチ組版といった自動組版ソフトの開発・販売を行っています。電算写植時代から追い求めている自動組版技術が、DTPソフトInDesign(インデザイン)に、自動組版の力を加えました。