有限会社スパイシーソフト

自動組版、オンデマンド印刷、バリアブル印刷のスパイシーソフト
自動組版:XML | ACCDB | SQL | EXCEL | CSV:InDesign

製品紹介

ホー ム > 製 品紹介 > SpicyLibraCS > SpicyLibraCSQ&A

SpicyLibra・SpicyLibraCS Q&A

■SpicyLibra/SpicyLibraCS 共通

Q1 .SpicyLibra/SpicyLibraCSの機能を知りたい。
 
 

Q2 .ノートパソコンで利 用しているのですが、処理途中で処理が先に進まない感じがします。

 

A2. 実メモリー容量が512MB 以上と十分に搭載していても、このような現象が起こる場合、仮想メモリーサイズが小さい時に起こる場合があります。
仮想メモリーを実メモリーサイズより大きくしてみてください。

 

Q3. 処理スピードが遅 い。

 

A3-1 InDesignは、その特 性として、ドキュメントを管理するのに多くの実データ以外の要素を管理情報として構築していると思われますので、ページ数が多くなるに従って、新規ページ の作成など時間がかかる傾向にあります。
従いまして、処理するデータの単位を、小さく分割していただければ多少改善されます。

 

A3-2. SpicyLibra で「あふれ処理」を実行する場合、テキストフレームに収まるかどうかを、実際にテキストフレームにデータを流し込まないと分からないため、縮小比率ステッ プを小さく設定し、なおかつ最大縮小比率を最小限にした場合、同一テキストをサイズ等を変更して流し込みを試みますので、1つの処理に多くの時間を要する ことになってしまいます。
作成物の特性に合わせて、縮小比率ステップと最大縮小比率を設定してください。
特に、Tagファイルを流しこむ場合を考慮し、一文字づつ文字サイズを取得した後に、設定された縮小比率でサイズ変更をしていますので、不要な「あふれ処 理」が発生すると、予期しない処理時間となる場合が発生します。
テキストフレームをテンプレートに作成する時に、なるべく、最大文字数など、あふれの可能性のある最大のケースを考えてフレームのサイズを決定してくださ い。

 

Q4. 処理速度は、普通ど のくらいなのでしょうか?

 

A4. CPU速度、ハードディスク のアクセス速度、メモリー容量など、お使いいただいているコンピュータのシステム構成によって異なりますので、絶対とはいえませんが、次のような報告を ユーザー様よりいただいております。
ただし、プリントアウトまでの時間は、プリンタの印字速度やプリンタのスプーリングの設定によって一概には申し上げられません。
あくまでも、InDesignのドキュメントを作成するまでの時間で す。
-------------------------------------------------------------

使用ソフト
 SpicyLibra Lite

システム構成:
 CPU:   Pentium4 3.0GHz
 メモリー: 2GB

件数: 200件の時
 宛名のみの処理をした時は、0分59秒
 宛名と裏面の文字流し込みを行った両面処理の時は、
6 分27秒

------------------------------------------------------
参考にしてみてください。

   
Q5. IInDesignTAG ファイルをテキストフレームに複数流し込む場合、最初のテキストフレームは、スタイルが適用されるのですが、次から、スタイルが適用されていないようなの ですが?
  A5  同一ページの複数のテキストフレームに、InDesignTAGファイルを流し込む場合、、同一の「段落スタイル名」や「文字スタイル名」が定義されてい ると、InDesignにより、スタイル定義が重複するので「各々のスタイル名-n」というスタイル名が定義されドキュメント登録されます。
 この場合、本来ならば、各スタイルがテキストに適用されるのですが、同一スタイルを使用する2つ目のテキストフレームに流し込まれた文字列に、設定した スタイルが適用されないことがあります。
 このような現象がおきた場合には、スタイル名の定義を埋め込む時に、同一のスタイルでも、2つ目以降に流し込みを行うTAGファイルのスタイル設定に は、別名を用いるなどして、別個のスタイル定義であるようにしてみてください
 また、段落スタイル設定をしないで、段落設定のみで揃えなどを設定してある場合も、意図したそろえにならない場合がありますので注意してください。
 なお、現在、原因を含め調査を続行しています。=>InDesignの問題のようです。(Adobe Indesign ユーザーフォーラムに、同様の指摘あり)
   
Q6. ISpicyLibra/SpicyLibraCS を購入したのですが、期限が切れているので使用できないといわれます。
  A6 製品をご購入していただきましても、評価期間経過後は、ライセンス登録をしていただかないと、 「製品の評価期間(30日)を経過しています。------」
のエラーメッセージが表示され、ご使用になれません。
必ず、お客様が製品をインストールしてご使用になるコンピュータのロックコード(コンピュータを識別する番号)を弊社まで、ご連絡ください。
ロックコードを元に、弊社でライセンスキーを発行いたしますので、マニュアルに従って、ライセンスを登録してください。

ただし、SpicyLibraCS4より、ソフトウエアキーに変わりハードウエアキー(USBメモリーキー)となりましたので、評価期間の制限はなくなっ ております。
   
Q7. 「文 字差替えファイル」の処理を選択し、「書式非保持」で実行したところ、不明な書式が有効になってしまいます。
  A7 この現象は、当該フレームを処理する前のフレームで使用された「段落設定」において、「次スタイル」の設定を 「同一スタイル」にした場合におきます。
「次スタイル」の設定を「段落設定なし」にしてください。
なお、SpicyLibraCSでは、次期バージョンVer1.0.7以降、「書式非保持」を選択した場合、強制的に段落設定を「段落設定なし」にして います。
   
Q8. 「EXCEL データ」を読み込む指定をした時に、数字項目がうまく読み込めないときがあります。
  A8 EXCELで数字を扱う場合、数字として扱うのか、文字列として扱うのか、セルの表示形式とは異なり、 EXCELの内部形式をきちんと設定しておかないとSpicyLibraで読み込むときに、読み込めない場合が発声することがあります。
項目が未入力の時に、あらかじめセルの書式で「文字列」設定する方法があります。何も設定しないで入力を開始すると、「標準」の書式となり、問題を起こす 要因となります。
この場合、途中のレコードからから数字入力を開始したり、他の項目をコピーしたりすると、設定が変わってしまうkとがあります。
SpicyLibraにて使用する前に、数字列項目の書式を内部形式から「文字列」に設定することをお勧めします。方法は、以下のとおりです(説明には、 Excel2007を使用しています)。
 @
メニューより、「データ」タブの 「区切り位置」を選択します。
A
表示されるウィザード画面で3枚目 まで進みます。
B
完了をクリックする前の状態
C
「文字列」にチェックを入れ、完了 をクリック後の状態
SpicyLibraCS Ver4.0より、読み込む際に文字列であるとして読み込む設定にしましたので、通常であれば文字・数字混在列でも文字列として読み込みます。しかし、本方法によりデータを変換しておけば確実です。
   
Q9. WindowsXPで起動したとき、メイン画面の右側のボタンの列が切れてしまうのですが?
 

A9.  SpicyLibraのメイン画面は、左右幅が1000pixを超えていますので、画面サイズを1280 x 1024より大きいサイズで使用してください。

   

 

■SpicyLibraCS

Q1.QRコードを携帯端末用に作成したいのですが、各携帯キャリアの仕様が分 かりません。

 

A1.  QR コードを携帯電話用に作成しようとした場合、各携帯電話のキャリア毎に機能の制限があります。また、同一キャリアによっても、機種毎に読み取りにあたって の制限があります。
これらの仕様は、各携帯キャリアのホームページにて公開されていますので、参照してください。
DoCoMo,Vodafone,auのホームページに関しましては、「Link」のページに記載してありますので、当該ページよりホームページを開いて ください。

   

Q2.串刺し面付けは出来るのでしょうか?

 

A2.  基 本機能にあります「番号発生」を用いて可能です。
たとえば、1ページに案内状を4面付けけし、0001から1づつ番号を増加させて、串刺し面付けを考えた場合、200枚ということは、50ページ作成する こととなります。
したがって、番号発生のパラメータに、スタート番号を「0001」とし、ページ加算を「1」、フレーム加算を「50」とすれば、各面の楯列は、
「0001, 0002, -----, 0050」、「0051, 0052, ----, 0100」
のように番号が付くことになります。
このとき、1ページ目は、
「0001,0051,0101,0151」
という番号が付くこととなります。
ただし、チケットのように、番号のみが異なり、後のデータが同じ場合には、当該レコードを必要分複製した処理データファイルを作成しておく必要がありま す。また、発生する番号と、データとが関連があり、データレコードの内容が異なる場合、1ページで付加される番号は、順番ではなく、必要ページ数分飛び飛 びの番号となりますので、注意が必要です。

   

Q3.プリントアウトの実行をする時、ページのコピー枚数指定は出来ませんか?

 

A3.  可 能です。
InDesignのプリンタプリセットの設定で、新規にプリセットを作成し、その定義の中で、コピー枚数の設定をしてください。
SpicyLibraCSのメイン画面で、その作成したプリンタプリセットを指定してください。

   

Q4.バーコード作成時の注意事項を教えてください。?

  A4. 以 下のような注意事項があります。
@スケールサイズが設定できるものは、0.8〜3.0(JANコードは、 0.8〜2.0)の間で、これ以下・以上の値を設定した場合には、0.8あるいは3.0(2.0)に調整されます。
ACode128Cの場合、数字2桁を一つのバーコーでキャラクターで表示するため、フッター表示を行った場合、フッターが途中できれる場合があります。 基本的には、フッター表示ナシでご使用ください。
BCode128でコンビニエンスストア収納代行を選択した場合、フッターのそろえは、左揃えになります。センター揃えを選択しても、左揃えとなります。
CCode39でチェックデジット計算ナシを選択した場合、フッターの表示選択の「チェックデジットも表示」と「チェックデジットは非表示」は、単に、 フッターを表示するかどうかの意味となり、どちらを選択しても同じとなります。
Dカスタマーバーコードを除き、他のバーコードは、フッター文字列を含め、ドキュメント埋め込みの画像扱いとなります。
Eデフォールトのフォント及びフォントサイズは、バーコードキャラクターとの位置調整を行ったうえで、デフォールトに設定したものですので、フォントある いはフォントサイズを変更した場合、フォントあるいはサイズによって印字位置の関係がうまくいかない場合があります。
Fカスタマーバーコードをお使いになる場合、バーコードフォントは、自動ではインストールされませんので、適宜、ご使用になるバーコードフォントをインス トールしてください。
 なお、本製品には、無償の使用を許可している「PBBarcode」バーコードフォントを付属しておりますが、製作者の注意書きをお読みの上、インス トールしてご使用いただけます。
 本製品は、このバーコードフォントを用いて調整しておりますので、他のバーコードフォントをご使用の場合には、バーコード幅など異なる可能性があります ので、調整の上、ご使用ください。
?バーコードに関しましては、印刷条件、バーコードリーダーの違いなどで、読み取れない可能性があります。弊社では、すべての条件で読み取れるバーコード ということは保証いたしておりませんので、予め、ご了承ください。
   
Q5.SpicyLibraCS4 はVistaに対応していますか?
A5.  対応しています。ただし、UAC制御のため、ユーザー権限昇格のダイアログが表示されますので、OKを選択して実行してください。
なお、このダイアログは、起動時に毎回表示されますので、煩わしいと感じられた場合には、し シマンテック社などのHPより、一回ユーザー権限を昇格させ たアプリケーションソフトは、次回以降の起動に際し、自動昇格させるソフトをダウンロードし、お使いください。
   
Q6. 面付処理を行ったのですが、フレームが大幅にずれてしまいました。
A6.  面付処理では、天地を反転させなければならないフレームに対して、回転メソッドを発行しています。
 回転をする場合、回転軸をどこにするかで回転後の位置が本来の位置からずれてしまう場合があります。
 回転のメソッドでは、フレームの中心を軸として回転するようにしていますので、フレームの原点をセンターにするようにしてください。
 フレーム原点が、左上や右上などセンターになっていない場合、回転後のフレーム位置がずれる結果となります。
   
Q7. SpicyTAGを利用した場合、ヌルタグがあるとその部分がエラーとなりますが?

A7.  Ver4.1にて大幅な機能拡張を行い、SpicyTagの種類や属性フォーマットなどの拡張がされました。NULLタグがOKのものもありますが、基本的には、NULLタグは使用しないようにしてください。

   
Q8. Ver4.1から導入された「連続表」で、1ページに一つのテキストフレームを配置し、その中に、10レコードの10行の表を作成したいのですが(この表以外に、ページには配置しません)、どうやって10行分つまり10レコードを利用出来るのでしょうか?
A8.  ペーストボードには駄目ですが、版面内で使用しないところに(例えば、マージン余白)、使用しないダミーのフレームを10個作成します。
   
Q9. Ver4.1でユーティリティ機能を使おうとすると、次のようなエラーとなって使用できないのですが?
A9.  InternetExplore Ver8をVISTAにインストールすると、ieshims.dllファイルがdll検索パスに設定されないため、見つからないエラーとなるようです。
OSの環境設定で、環境変数のPATHにこのdllがあるフォルダーを追加してください。
「%ProgramFiles%\Internet Explorer;」のように、半角セミコロンに続けて設定してください。
   
Q10 Windows7に対応しているでしょうか?
A10.  Windows7にInDesignCS4_J/5_JのCOM情報がレジストリーに正しく書かれていれば、SpicyLibraCS Ver4.1/5.0にて使用することが可能です。
インデザインをインストールする際に、一時的にUACモードをオフにし、必ず管理者権限でインストールしてください。
インデザインがインストールできても、上記のようにセキュリティの関係で、COM情報が正しくレジストリーに書き込まれない場合があり、COMを利用しているSpicyLibraCSはインデザインアクセス時にエラーとなります。
インデザイン自体は、COM登録とは関係なく動く場合がありますので、注意が必要です。
インデザインを正常にインストールあるいは再インストールする方法に関しましては、アドビーのテクニカルノートにあります、「32 ビット版 Windows 7 で起動するとメニューが英語で表示される(InDesign CS4)」の対処法を行うことでインストールできたというご報告を、ユーザー様よりいただいておあります。
ご参照ください。
なお、64ビットOSでは、32ビットプログラムとして稼働します。
Q11 「テーブル作成」を実行しようとすると「ラベル名に拡張子が付いていないか、ラベル名称の数が多すぎます」エラーとなってしまいます。
A11.   「フレーム名と枝番号」が処理するレコードとどういう関係にあるのかご理解していただくのが、一番早いので、「フレーム名設定説明書」というPDFファイルを参照してください、」
 このPDFに書いてありますように、枝番のないフレームがあったり、1番の枝番がないフレーム項目があったりする場合に、このエラーとなる事が多いようです。
 なお、このドキュメントは、SpicyLibraCS Ver5.0以降ではマニュアルの中に包含されています。
Q12 「テーブル作成」を実行しようとすると、Q11の件は大丈夫なのですが、どうしてもエラーになってしまいます。何か他に原因が考えられるでしょうか?
A12.   次のようなことでエラーとなった例があります。
 @マスター上にフレームを配置し、ドキュメントページに適用したが、マスターオブジェクトへの書き込みを許可する設定にしていなかった。
  基本的には、ドキュメントページ上にて流し込むフレームの配置と名称付を行ってください。
 Aフレームには確かに名称がついているが、インデザインの「スクリプトラベル」パネルで名称付したフレームを見てみると、スクリプトラベルが設定されていない。
  SpicyLibraCSは、処理時には、内部的に「スクリプトラベル」をフレーム特定の手がかりとしていますので、フレーム名称が表示されていても、スクリプトラベルが付いていない場合には、フレームを特定できない為エラーとなってしまいます。
  フレームを他のドキュメントからコピーペーストしたり、何らかの理由でスクリプトラベルが消失してしまうケースがあります。
  申し訳ありませんが、インデザインの「スクリプトラベル」パネルで名称を再設定していただくか、当該フレームを削除し、再度、新規にフレームを作成してプラグインから名称設定を行ってください。
Q13 人名字取で、モノルビはできるのでしょうか?
A13.   標準の人名字取りでは、グループルビのみをサポートしています。
 「カスタム人名字取」では、モノルビ、グループルビの両方をサポートしています。
 @姓名の親文字項目と一緒に指定する場合には、
   山(やま)田(だ) 太郎(gたろう)
  のようにしてし、(g)設定がない読みをモノルビとし、(g)設定のある読みをグループルビとします。
  Ver5.2以降に機能追加されたSpycyTagでの人名字取は、この指定のみ有効となります。
 AVer5.2以降では、次の指定も可能となりました。
  姓名の親文字と読み項目を別項目として設定する場合(CSVファイルの場合で表記)、
   山田,太郎,やま/だ,た/ろう
  のように、姓名の親文字1文字1文字に対応する「よみ」ごとに半角スラッシュ「/」で、読みを区切って指定することで物ルビとなります。
  この場合、@と異なり、モノルビとグループルビの混在はできませんので注意してください。
Q14 インデザインにアクセスをし始めた時に例外エラーが発生します。
A14.  SpicyLibraCSは、InDesignCSが提供するメソッドをCOMを介して使用しています。
 Windows OSがVISTA/7となり、セキュリティの強化が施され、レジストリーやシステム環境への書き込みには、管理者権限を実行するプログラムが有していなければエラーとなるようになりました。
 InDesignCSのインストール時には、自動的に管理者権限で実行されているものとされ、必要なCOMがレジストリーに書きこまれるようになっております。
 しかしながら、何らかの原因で、正常にCOM登録がレジストリーにされない場合や、レジストリーの登録内容が破損される場合が、まれに怒ります。
 通常、COM登録がおかしくなっても、InDEsignCS自体を使うには支障が起きないため、レジストリーの登録に異変が起きているかどうかはわからないことが多く、COMを利用するアプリケーションソフトを使用して初めて分かるということもしばしばとなっています。
 このような場合には、操作説明書にも書いてありますように、InDesignCSを再インストールしていただくか、説明書記載の2か所の「Resources for Visual Basic.tlb」ファイルを削除し、InDesignCSを再起動していただくことで、COMの再登録を行います。
 ただし、上記捜査を行う場合、必ず、InDesignCSを「管理者権限で実行する」を選択して起動してください。
 管理者権限で捜査を行わない場合には、レジストリーの登録に失敗します。
Q15 Windows7にてインストールするときに、インデザインが見つからないというエラーが出てインストールできない。
A15.  SpicyLibraCSは、InDesignCSがインストールされているパスを、レジストリーを検索して取得し、プラグイン等のインストールを行います。
 従いまして、レジストリーにInDesignCSのインストールされたパスが正常に書き込まれていない場合に、この現象が発生します。
 Q.14と同じ原因で、InDesignインストールの時に、InDesignのインストールパスが正しく書きこまれていないものと思われます。
 InDesignCSを管理者権限にて再インストールするか、A.14の処理に準じた回避策を取ってください。
 管理者権限で捜査を行わない場合には、レジストリーの登録に失敗します。

 

■SpicyLibra/SpicyLibraCS Standard

Q1. 文字属性の変更を指定した場合、処理が進行しなくなるようなのですが?

 

A1.  文 字属性や、フレーム属性の変更を行う場合、変更前の文字の大きさを基準にしてテキストフレームの大きさを設定しておくと、当然のことながら、属性変更で、 文字が大きくなったり、フレームの線幅が太くなったりすると、フレームの文字を流し込む領域を超えた状態で文字が流し込まれることとなり、「あふれ処理」 を設定していれば、あふれ処理を実行することとなります。
たとえば、属性変更で元の大きさの3倍の大きさに文字サイズを変更する設定がしてあるような場合には、、どんなにあふれ処理を実行してもあふれてしまうと いう結果になってしまいます。
しかし、最終的に「あふれ処理」であふれがなくなるかなくならないかは、設定された縮小比率ステップの回数分流し込みを実際に行ってみないとわかりません ので、ステップ数が1%などとなっていれば、多数回の流し込みを行い、そのフレームの処理だけに多くの時間を費やしてしまうということになります。
属性変更を設定する場合には、必ず、属性変更後のフレームとテキストの関係を手組みで一度確認した上で、フレームの作成を行ってください。

Q2.EXCEL を直接読み込む場合のレコード番号は、どうなるのでしょうか?

 

A2.  EXCEL のシートに表示される行番号の「1」は、SpicyLibraCSでは、項目名の表示のみに用います。データレコードとしては扱いませんので、EXCEL の行番号の2番が、データレコードの「1」番になりますので注意してください。
これは、CSVファイルなどで、「1」行目が、項目名とデータレコードの「1」レコード目をかねている場合、及び、XMLやMDBでの、「項目名」が完全 にデータレコードと分離されている場合とも異なり、EXCELの表示では、項目名のレコードとデータレコードが、表示上分離されていないことによります。
 ただし、SpicyLibraCS Ver4.1以降では、ヘッダーの使用を選択できるようになっています。
 従いまして、上記の件は、Excel1行目をヘッダーとして用いるにチェックがついている場合で、1行目をヘッダーとして扱わない場合には、項目目としては、「F1,F2・・・」などのExcelでの標準ヘッダーが用いられ、1行目もデータとして扱います。
 なお、1行しかないデータで、1行目をヘッダーとして使用する場合には、処理するデータがないことになりますので、注意してください。

   

ページの先頭へ